心理系大学院受験・公認心理師試験・臨床心理士試験対策(東京・名古屋)
MENU

学習心理学復習テスト

刷り込みの特徴の1つは臨界期があることである。



オペラント行動の研究の基礎を築いたのはI. P. Pavlovである。

×スキナーである。パブロフは古典的条件づけの創始者。



「子どもが家事の手伝いをするたびに小遣いを与えると、家事の手伝いをするようになった」はオペラント条件づけの例である。



「病院で痛い注射を受けた子どもが、その後病院を恐れるようになった。」はオペラント条件づけの例である。

×古典的条件づけの例である。



ワトソンのアルバート坊やの実験は、実験神経症の実験例である。

×実験神経症ではなく、般化の例である。



貨幣やポイントを強化子とした条件づけを二次強化と呼ぶ。



古典的条件づけは、条件刺激と無条件反応の連合によって成立する。

×条件刺激と無条件刺激の連合によってい成立する。



間歇強化による条件づけは、連続強化による条件づけよりも消去抵抗が強い。



古典的条件づけにおいては、逆行条件づけは順行条件づけよりも条件反応の獲得が良好である。

×逆行条件づけは最も条件づけの獲得が悪い。



逃避学習は負の罰の例である。

×負の強化の例である。



レスポンデント行動は、後続刺激によって誘発される行動と定義される。

×先行刺激によって誘発される行動である。



オペラント行動は、先行刺激によって誘発されるという特徴を有する。

×オペラント行動は、後続刺激によって強化される。



オペラント条件づけは、自発する反応を強化する手続きである。



実験神経症とは、刺激の弁別が困難な状況で分化訓練を繰り返し行うと、簡単な刺激の弁別もできなくなることである。



脱馴化とは、持続的に刺激を提示することによって、その刺激に対する定位反応が低下することである。

×脱馴化ではなく、馴化の説明である。



I.P. Pavlovは、古典的条件づけの研究を行い、条件刺激と無条件刺激の組み合わせにより学習が成立すると考えた。




ある刺激に条件づけられた反応が他の刺激に対しても生じるようになることを馴化と呼ぶ。

×馴化ではなく般化である。



コンピテンスとは自分の特定の行動を成功裏に遂行できるという感覚や信念を表す用語である。

×コンピテンスではなく自己効力感である。



努力が成果に結びつかない体験を学習性無力感と呼ぶ。



自己効力感は能力の評価や目標の内容に影響しない。×自己効力感は能力の評価や目標の内容に影響する。

×



効力感が低い人ほど失敗したときに努力の不十分さに帰属することが多い。

×効力感が低い人は失敗は自己の能力に帰属することが多い。



機能分析では、非機能的な認知に気づき、それに代わる機能的な認知を見つける。

×機能分析とは、クライエントの不適応行動にどのようなメリットがあるかを分析し、その行動を別のより健康的な行動に変えることである。



トークン・エコノミー法では、レスポンデント条件づけの原理を用い、望ましい行動を示した場合に強化報酬を与える。

×オペラント条件づけの原理を用いる。



モデリングでは、クライエント自身が直接経験しなくても、他者(モデル)の行動を観察することで新しい行動の習得につながる。



トークンエコノミー法は問題行動の減少を主要な目標とする。

×望ましい行動の増加を主要な目的とする。



プロロゴス