心理系大学院受験・公認心理師試験・臨床心理士試験対策(東京・名古屋)
MENU

社会心理学復習テスト

他者の内面を実際以上に理解していると誤解することを透明性の錯覚<透明性錯誤>という。

×自己のない面が実際以上に他者に理解されていると思いこむこと。



観察者が状況要因を十分に考慮せず、行為者の内的特性を重視する傾向を行為者?観察者バイアスという。

×根本的帰属の誤りの説明である。



自分の成功については内的要因を、自分の失敗については外的要因を重視する傾向を確証バイアスという。

×セルフサービングバイアスである。



人物のある側面を望ましいと判断すると、他の側面も望ましいと判断する傾向を光背効果<ハロー効果>という。



集団の違いと行動傾向との間に、実際にはない関係があると捉えてしまうことを疑似相関という。

×疑似相関ではなく錯誤相関である。



周囲の状況の影響を十分に考慮せずに、他者の行動が内的属性に基づいて生じていると評価する傾向を対応バイアスと言う。



採用面接において面接者が陥りやすい心理として、ブーメラン効果がある。

×ブーメラン効果は説得において用いられる概念である。



集団構成員間の親密性が低いとき、思考や発言が抑制されやすい。

×親密性が低いときは、思考や発言は抑制されにくい。



集団で課題を遂行すると、一人当たりの成績は単独で遂行するときよりも低下することを、社会的手抜きと呼ぶ。



社会的スティグマは認知的側面と感情的側面の2つから構成される。

×認知的側面、感情的側面、情緒的側面の3つから構成される。



セルフスティグマを軽減する方法はない。

×様々な心理的介入がある。



社会的スティグマの強さと当事者の自尊感情との間には正の相関がある。

×負の相関がある。



相手との物理的距離が大きいほど対人魅力につながる。

×単純接触効果によると、物理的距離が小さいほど対人魅力につながる。



相互作用を伴わない単なる接触の繰り返しが対人魅力につながる。



性格が自分と類似した相手より相違点が多い相手に対人魅力を感じやすい。

×類似した相手の方が対人魅力を感じやすい。



ソーシャル・サポートは、心理的健康に正の効果をもつが、身体的健康には正の効果を持たない。

×身体的健康にも正の効果を持つ。



ソーシャル・サポートは、ストレスがいかに強力なものであっても、心理的健康に正の効果を与える。

×ストレスが強力な場合には、ソーシャルサポートは効果が見られない。



社会的ジレンマとは,集団的な討議を行うことによって,より安全志向な結論が得られやすくなることをいう。

×コーシャスシフトの説明である。



ピグマリオン効果とは,集団において多数派の意見や期待に合わせて,個人の意見や行動が変化することをいう。

×同調の説明である。



同調とは,他者の存在によって作業の効率が向上することをいう。

×社会的促進のことである。



コーシャス・シフトとは,集団のメンバーの多くが個人的利益を追求した行動をとることで,集団全体にとって不利益な結果となることをいう。

×社会的ジレンマの例である。



PM理論のM機能とは、部下への配慮やメンバー間の人間関係に関心が高いリーダーのスタイルである。



サーバントリーダーシップとは、リーダーが自らの私欲を捨て、フォロワーが成長することに注力するリーダーのスタイルである。



緊急時に援助できる人が自分以外にもいる場合、自分しかいない場合より援助行動が抑制されやすい。



対象への反応時間を測定することにより潜在的なスティグマが評価できる。



プロロゴス